Cross×Road

ロードバイク乗りの日常を綴ったり綴らなかったり

検索

-スキー, ロードバイク, 機材・インプレ   -

これまでに使ったアンダーウェアの短評(自転車・スキー・普段使い)

2017/01/22

ユニクロに定番のジオライン、話題のミレードライナミックまで、
これまで使ってきたアンダーをまとめてインプレ。

UNIQLO AIRizm・シルキードライ

ジオラインをそろえるまで、普段・スキーのアンダーとして使っていた。
1000円を切る値段を考えると悪くはないが、
当然ながらジオラインやアンダーアーマーには劣る。
ジョギングでお腹のあたりに汗がたまり腹痛になったのは苦い思い出。
・自転車:★☆☆☆☆(汗抜けは専用品より数段落ちる)
・スキー:★★☆☆☆(使えないことはない)
・普段使:★★★☆☆(普段使いなら十分)

 

mont-bell ジオラインL.W. Tシャツ

スキーのために1枚買ってみたら、
あまりの快適さに部屋&普段着としても使うようになり、
仕事用に白系、休日用に黒と気がつけば10枚近くまで増えてしまった。
着るとほんのりと暖かく、汗をかくとすぐに乾くし涼しい。着心地もいい。
冬場もいいけど真夏でも快適。
自転車ではUAのようにタイトなものを使うことが多いが、
気温変化の大きい春秋やポタでは重宝している。

ストッキングの伝線のようにほつれることがあるけど、
そこから広がっていくことは少ないので、気にしなければ長く使える。
機能性アンダーとしては手頃だし、普段からハードなシーンまで使いやすい。
価格・入手性・汎用性を含めると最強のアンダーじゃないだろうか。
・自転車:★★★☆☆(春秋は重宝する)
・スキー:★★★★☆(間違いはない)
・普段使:★★★★★(年中使える。ほぼ毎日着てます)

 

mont-bell ジオライン クールメッシュ Tシャツ

夏はクールメッシュの方がいいのかな?とお試しで購入。
着心地はあまりよくないけど、確かに涼しい。
L.Wと比べると保水力が弱いのか、
大量に汗をかくと処理しきれなかった汗がまとわりつく。
真夏のサイクリングのように、
常時大量発汗でL.W.では処理しきれない状況なら、
クールメッシュの方がマシだけど、そういうときはアンダー無しでもいいし。
なんとなくこんな感じ。
【少量:クール=L.W → クール<L.W → クール>L.W:大量】
夏の普段着や春スキー・夏のポタリングでは使うけど、
L.Wがあればあえて買うほどじゃない。
・自転車:★★★☆☆(夏にはいいけどアンダー無しでいいし)
・スキー:★★☆☆☆(春スキーで使えなくもない)
・普段使:★★★★☆(夏用として、でもLWでもいいし)

 

mont-bell ジオラインL.W. ハイネックシャツ

スキーアンダーの主力。
ほんのりとした暖かさ、汗抜け・着心地のよさはL.W. Tシャツと同じ。
緩めのハイネックで首が冷えにくく、
暑くなればジッパーを下げて前を開けることもできるので、
ウィンタースポーツのアンダーとしてはかなりいい。
自転車でも冬場はよく使う。
長袖&ジッパー付きなので普段使いはしにくい。
キャプリーンのようにこれ1枚で大丈夫な見た目ならなあ。
・自転車:★★★★☆(秋冬アンダーとして優秀)
・スキー:★★★★★(雪山でのメインアンダー)
・普段使:★☆☆☆☆(長袖アンダーは普段使いしにくい)

 

mont-bell スーパーメリノウール L.W. Tシャツ

乾きやすさはジオラインに劣るけど、
暖かさと長期間着っぱなしでも臭いにくいのがメリノ。
人によってはチクチクするみたいだけど、着心地はジオライン以上にいい。
L.W.より数段上の暖かさは着た瞬間にわかると思う。
汗抜けはあまりよくないので自転車や春スキーでは使いにくい。
普段着としては、冬の寒い日はジオラインよりこれを選ぶ。
・自転車:★☆☆☆☆(汗抜けでジオラインに劣る)
・スキー:★★★☆☆(寒い日はこれでもいい)
・普段使:★★★★☆(寒い日にはいい)

 

UNDER ARMOUR ヒートギア コンプレッション 長袖

おそらく最初に買った機能性アンダー。
スキーに自転車にと使いまくり生地は伸びたけど、
10年くらい経った今も現役で頑張ってくれている。
アンダーアーマーとCW-Xの耐久性は異常。
汗抜けがよく風を受けると涼しいので、
春スキーや自転車でアンダーをつけるときはよく使う。

同じヒートギアでも色々なものがあり買い増ししたメッシュタイプは、
肌触りと生地の伸びがイマイチだった。
・自転車:★★★★☆(自転車はタイトなUAがあっている)
・スキー:★★★★☆(春スキーでは重宝)
・普段使:☆☆☆☆☆(コンプレッション系は普段使いに向かない)

 

MIZUNO バイオギアシャツ ハイネック長袖

くたびれてきたUAの後継として昨年購入。
Mサイズにしたら、体はややルーズにフィットしたけど袖が短い・・・
自転車で袖短いとグローブとの間がクッキリ焼けるんですけど;;
汗抜けもUAヒートギアより少し落ちる印象。
・自転車:★★★☆☆(UAより少し落ちるか、袖が短い)
・スキー:★★★☆☆(同上)
・普段使:☆☆☆☆☆(コンプレッション系は普段使いに向かない)

 

SKINS A200 サーマル長袖ジッパー

裏起毛の冬用コンプレッションアンダー。
そこそこ厚みがあって固いので着るのが大変。
これだけで十分暖かい。
保温力のわりには汗をかいても気にならないので、
秋から初冬に半袖ジャージと合わせて使える。
スキーでも寒いときに使っていたけど、ミドルが充実してきたので、
調整にくくなる保温アンダーの出番は減りつつある。
・自転車:★★★★☆(秋~初冬に夏ジャージと合わせて使う)
・スキー:★★★☆☆(極寒時はいいが調整しにくいので)
・普段使:☆☆☆☆☆(コンプレッション系は普段使いに向かない)

 

MILLET ドライナミック メッシュ NS クルー

通称「ミレーのアミアミ」。アンダーの下に着用する。
「ヒートテックでヒマラヤに登頂したことになっておるが、
実は下にドライナミックメッシュを着ていたのだよ。わっはっは」(DQ3)
ということで話題沸騰中のメッシュアンダー。
ユニクロ ヒートテックのマイナスを打ち消す高機能ドライレイヤー。
撥水生地で汗を素早く体から遠ざけることで蒸れを防ぐらしい。

着て鏡を見ると変態アミアミ男が立っていた。
乳首がメッシュの間からコンニチワ♪
・・・とても他人にお見せできる姿じゃありません。
穴だらけなのにほんのりと不思議な暖かさ。

スキーで使ったところ、蒸れを感じることが減り、
スケーティングや登りで汗をかいてもすぐに汗を感じなくなった。
効果は確かにある。重ねるジオラインとの相性もよさそう。
問題は変態的なビジュアルとS/MとL/XLという大雑把すぎるサイズ展開だけ。
・自転車:?????(使ってないけどイイはず)
・スキー:★★★★★(蒸れを感じにくい)
・普段使:★☆☆☆☆(機能的には◎だけど変態度が高すぎて)

 

まとめ

・普段使い&汎用性ならジオラインL.W.最強
・ジオラインクールメッシュよりL.W.の方が使い勝手がいい
・スポーツで使うならメリノよりジオラインL.W.
・ミズノは袖が短い。手長の人はご注意
・ミレーのアミアミはよい。ただしアンダーとセットで運用するもの
・スキーのレイヤリングは、アミアミ+ジオラインL.W.+フリース+ウェア
 アミアミ以外は温度帯によって使い分ける
・自転車はUA/SKINSのようなタイトな方が自分は好み

 

気になっているアンダー

・mont-bell ジオラインM.W. ハイネックシャツ
 購入済。そのうちスキーで試す

・Phenixトランスファー
 見た目は普通のアンダーで、機能はミレーアミアミに近いらしい?

・patagonia キャプリーン
 見た目的に1枚でも大丈夫そう。
 高いけど春スキーのレストハウスを考えると欲しい。

 

スポンサーリンク

-スキー, ロードバイク, 機材・インプレ   -