Cross×Road

ロードバイク乗りの日常を綴ったり綴らなかったり

検索

-機材・インプレ   -

これまでに使ったヘルメットの短評

2018/08/02

それまでメインで使用していたWG-1が4年目ということで、
最近話題のフレアーを購入しました。
通算4つ目のサイクルヘルメット、全てOGK KABUTO製だったりします。
簡単にインプレをまとめてみました。
頭の外周は56cm、基本的にMサイズです。

OGK KABUTO REGAS 2 (M/L)

・使用時期:2010~2014/5
・実測重量:275g (バイザー付)
・作りはしっかりガッシリ、その分重い
・M/Lサイズということもあり見た目が大きくキノコる
・バイザーは日除けとして便利、上位モデルにも付けれるようにして欲しい

 

KOOFU WG-1 (S/M)

・使用時期:2014/5~2018/5
・実測重量:193g
・KOOFUのフラッグシップモデルだが、購入したレプリカモデルは、
 スポンサードの都合かOGK KABUTOブランドで発売していた
・軽くて涼しい、ここは文句ナシ
・縦長形状で自分の頭との相性は微妙、でも許容範囲
・アゴ紐アジャスターがすぐ壊れたが支障がなかったのでそのまま使用
(その後改善されたらしい)
・2016年で生産中止、リピートしていいと思っていたので残念
 街乗りモデルだけになったKOOFUブランドはどこに向かうのだろう・・・

 

KOOFU BC-Glosbe (S/M)

・使用時期:2016/4~
・実測重量:264g/269g
・我が家に2つあるヘルメット
・街乗りに向いたデザインで、主にカジュアルライドで使用
 通勤でも使用していたので、後ろにベルクロでライトを装着
 シーズン始め&春スキーでも使うことあり
・フィット感はよい
・重さはそれほど気にならず(アップライトな姿勢だからかも)
・バイザーは便利、外れやすいのが玉にキズ
・街乗り用として気に入っているのでリピート予定
・OGKさん、これに耳あて付けてウィンタースポーツ用に進出してほしい

 

OGK KABUTO FLAIR (S/M)

・使用時期:2018/5~
・実測重量:176g (ノーマルパッド+XF-7アジャスター)
・軽い!とにかく軽い!
・この軽さで2万円以下の値付けは良心的(AERO R-1も)
 ライバルのKASK VALEGRO、S-Works Prevailは2万円台後半ですからね
・被りが深く、フィット感がとてもいい
・作りが小ぶりでキノコになりにくい
・涼しさはWG-1に劣りそうだが、十分涼しい
・アゴ紐が短い、小顔・面長の人はS/Mだと足りなくなるかも

スポンサーリンク

-機材・インプレ   -