子ノ権現[南]~ラスト400mが勝負!目の前にS字の壁が立ち塞がる

基本情報 登坂記 感想 ルートラボ STRAVA ストリートビュー 訪問日

基本情報

子ノ権現(ねのごんげん)、林道双沢線(りんどうならびさわせん)
距離:3.9km
平均勾配:8.7% 最大勾配:28%(GARMIN&体感)
獲得標高:338m 標高:269m~607m
ヒルクライムレート:450(★★★★★超級峠)
オススメ度:★★★★(一度は挑戦すべし)

登坂記

東京近郊では風張林道と並び激坂として有名な子の権現。
頂に立ち構える子の権現天龍寺は足腰守護のお寺ということもあり、
多くのサイクリストやスポーツ・ハイキング愛好家が訪れるらしい。

サイクリストが「子ノ権現」と言うと、南の原市場方面からを指すことが多い。
ちなみに南側の地名は「南」で、北側は「南川」非常に紛らわしい。

アクセスが意外とわかりにくい。
飯能駅からなら県道70号を西進しコメリ手前の小瀬戸のT字路を右折、
青梅方面からであれば、原市場中の先の信号を左折し
倉掛峠と言う小さな峠を越えた先になる。
中沢というバスの待合所の先に、竹寺との分岐があるので右に進む。
ちなみに左は竹寺のほか仁田山峠にも続いている。
20160911%e5%ad%90%e3%81%ae%e6%a8%a9%e7%8f%be03
またすぐに分岐がある。ここを左に入ったところが起点。
20160911%e5%ad%90%e3%81%ae%e6%a8%a9%e7%8f%be04%e5%88%86%e5%b2%90
実は子の権現は2回目の挑戦。
初回はこの案内を見落として直進してしまい、引き返してリトライするも
ラストの難所で対向車と鉢合わせという不運もあり、足付きしてしまった。
ルートミスでの消耗が大きく、対向車がなくても登れたかはかなり怪しい。

そんな苦い思い出もあるので、
終盤の難所まで消耗しないよう抑える意識で行く。
激坂として名高い子ノ権現だが、序盤は4~8%程度とたいしたことはない。

民家もある田舎の生活道路や
20161017%e5%ad%90%e3%81%ae%e6%a8%a9%e7%8f%be13
林道っぽい道を何度か繰り返す。なかなか雰囲気がいい。
20161017%e5%ad%90%e3%81%ae%e6%a8%a9%e7%8f%be12
徐々に勾配もきつくなり、10%以上が当り前のように現れるようになる。
とは言え、常時10%以上というわけではないのでまだ耐えられる。

林道双沢線の入口を過ぎると残り1.3km、ここからが本番。
20161017%e5%ad%90%e3%81%ae%e6%a8%a9%e7%8f%be14%e6%9e%97%e9%81%93
いかにも林道な雰囲気になり、勾配もさらにきつく15%越えも登場するが
「子ノ権現」の響きからすれば、まだまだぬるい。
20161017%e5%ad%90%e3%81%ae%e6%a8%a9%e7%8f%be15%e9%9b%b0%e5%9b%b2%e6%b0%97
まだまだ温いなんて書いているが、実際登っているときは息絶え絶え。
ラストのS字よ早く来てくれ!足がなくなる前に!

つづら折れだ、これか?!
20161017%e5%ad%90%e3%81%ae%e6%a8%a9%e7%8f%be16
必死のダンシングで登りきるが、これじゃなかった。
ガーミン様18%出てたのにフェイクですよ。あり得ない。

こんな感じで揺り返しのあるワインディングを
3~4個繰り出し足を削った上で、ついに真打登場!
舗装もアスファルトからコンクリに。
実際目の当たりにすると、
これまでのフェイクとは格が違うことが伝わってくる。
20161017%e5%ad%90%e3%81%ae%e6%a8%a9%e7%8f%be17%ef%bd%93%e5%ad%97
子ノ権現の難所はここからの300~400m。
まずは、左にヘアピンのように曲がるつづら折れ。
ここを越えると一瞬勾配が緩やかになる。
次はすぐに右かと思いきや、大きく緩やかに左に曲がる。
なにげにここがかなりキツイ。
勾配自体も20%以上と思われるが、
なによりその先の壁が目に入ってしまい心が折れそうになる。

スポンサーリンク




前回はこの時点でほぼココロがポキポキ音を立てていて、
上から聞こえてきたエンジン音で完全に折れてしまった。
で、車が見えた瞬間に当たり前のように足を付いていた。
20160911%e5%ad%90%e3%81%ae%e6%a8%a9%e7%8f%be08
今回はエンジン音は聞こえない。しかし足は限界。
目の前には垂直にも感じる壁が立ち塞がる。
超高層ビルやスカイツリーを下から見上げると、
平衡感覚を失いクラクラしてしまう、あの感覚に近い。
20161017%e5%ad%90%e3%81%ae%e6%a8%a9%e7%8f%be18%e5%a3%81
今回も無理なのか・・・?
しかし、ここまで来て2回も失敗したくない!

強い前傾姿勢を取り、全体重を片脚に乗せて、
ゆっくりゆっくり、かろうじて倒れない速度でなんとか登っていく。

ヨシ!最難関の右コーナーを越えた!
が、クリアした気になったのも一瞬
20161017%e5%ad%90%e3%81%ae%e6%a8%a9%e7%8f%be19
あと200mもないはずだが、物凄く長く感じる。
全エネルギーを使い果たした直後だけに、本当にきつい。
ここで足をついたら、これまでの頑張りが全部無駄になる。
意地だけでなんとか登りきった。
20161017%e5%ad%90%e3%81%ae%e6%a8%a9%e7%8f%be21
仁王様ワタシ頑張ったよ。
20160911%e5%ad%90%e3%81%ae%e6%a8%a9%e7%8f%be09
自転車を降りて境内を進むと、有名な鉄の草鞋がある。
20161017%e5%ad%90%e3%81%ae%e6%a8%a9%e7%8f%be22
ちなみにこの横にはバイクラックもある。
サイクリストに優しい飯能らしい配慮が嬉しい。

感想

東京近郊では風張林道と並んで難所とされる子ノ権現だが、
両者の性格は大きく異なる。
風張林道は特に前半がきつく勾配が緩くなる箇所が少ない。
で、後半は削られた脚での我慢大会。
子ノ権現は中盤までは普通の峠道と変わらないレベルだが、
ラスト400mが別格、強烈な激坂で一気に地獄に落としにくる。
トータルでのきつさは風張林道だが、瞬間最大は子ノ権現が上。

1回目はいろいろなトラブルも重なり、足付きしてしまったが、
要領を得てしまえば風張林道よりはマシだと思う。
と言っても、次回足付きせずに登りきれるかはかなり怪しいが。

ルートラボ

STRAVA

google ストリートビュー(最難関箇所)

訪問日

2016/9/11(最後のS字で足付き)
2016/10/16
2017/6/10

関連記事

仁田山峠[名栗]~禍々しさと清々しさが同居する不思議な峠

基本情報 登坂記 感想 ルートラボ STRAVA ストリートビュー 訪問日 基本情報 仁田山

記事を読む

山伏峠(飯能)[名栗]~緩すぎずきつすぎず、短すぎず長すぎずトレーニングにちょうどいい峠

基本情報 登坂記 感想 ルートラボ STRAVA ストリートビュー 訪問日 基本情報 山伏峠

記事を読む

子ノ権現[北]~南のような壁はないが直線坂の波状攻撃が堪える

基本情報 登坂記 感想 ルートラボ STRAVA ストリートビュー 訪問日 基本情報 子ノ権

記事を読む

有間峠[名栗]~9.7km/759mのロングヒルクライム!

基本情報 登坂記 感想 ルートラボ STRAVA ストリートビュー 訪問日 基本情報 有間峠

記事を読む

名栗湖坂~名栗湖(有間ダム)の前に立ち塞がる急坂

基本情報 登坂記 感想 ルートラボ STRAVA ストリートビュー 訪問日 基本情報 名栗湖

記事を読む

山伏峠(飯能)[秩父]~正丸トンネルより優しめの峠越えで

基本情報 登坂記 感想 ルートラボ STRAVA ストリートビュー 訪問日 基本情報 山伏峠

記事を読む

山王峠(飯能)[成木]~名栗へのウォーミングアップ

基本情報 登坂記 感想 ルートラボ STRAVA ストリートビュー 訪問日 基本情報 山王峠

記事を読む

天目指峠[名栗]~きつい勾配と雰囲気のある良峠

基本情報 登坂記 感想 ルートラボ STRAVA ストリートビュー 訪問日 基本情報 天目指

記事を読む

東都飯能CCの坂[成木]~油断したところでコンクリ舗装が姿を現す

基本情報 登坂記 感想 ルートラボ STRAVA ストリートビュー 訪問日 基本情報 東都飯

記事を読む

堂西の激坂~飯能の住宅地にそびえる強烈な激坂

基本情報 登坂記 感想 ルートラボ ストリートビュー 訪問日 基本情報 堂西の激坂(どうにし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑